Company

会社概要

京都祇園に生まれ おかげさまで130年。
花街でもあり、世界的な観光地である祇園には、ごまかしのきかないお客様が数多くいらっしゃいます。
その厳しい目に育てていただいたからこそ、現在の香鳥屋があると考えております。
これからも、祇園の名に恥じることのないものづくりを続けてまいります。

会社名 株式会社香鳥屋
代表取締役 代表取締役社長 橋本 昌治
創 業 明治19年(1886年)
資本金 500万円
事業内容 ハンドバッグ・袋物・和装小物・他小物等 特選服飾品の小売販売
本 社 〒605-0074 京都市東山区四条通祇園町南側580番地
TEL:075-561-0521 FAX:075-541-5850
事業所 商品デリバリーセンター(通称『はやぶさ』)
〒605-0074 京都市東山区四条通祇園町南側580番地
TEL:075-532-5800 FAX:075-532-5900

店 舗

店舗の詳しい
情報はこちら

【直営店舗】
◆本店
〒605-0074 京都市東山区四条通祇園町南側580番地
(フリーダイヤル)0120-829-181
TEL:075-561-0521 FAX:075-541-5850
◆〒542-0086
大阪市中央区心斎橋1-3-3
オー・エム ホテル日航ビル1F 西側路面店
TEL/FAX:06-6575-7360
◆松山店
〒790-8532 愛媛県松山市一番町3丁目1-1
松山三越6F 呉服特選売場
TEL/FAX:089-933-6322
◆福岡店
〒810-8544 福岡県福岡市中央区天神2丁目1-1
福岡三越8F 和雑貨売場
TEL:092-726-7792 FAX:092-726-7976
◆名古屋栄三越店
〒460-8669 愛知県名古屋市中区栄3-5-1 8階呉服売場
TEL/FAX:052-251-2806
◆三越日本橋本店
〒103-8001 東京都東京都中央区日本橋室町1-4-1
4階呉服売場 和雑貨サロン
TEL/FAX:03-3274-8750

 

【お取扱店舗】
◆三越高松店
〒760-8639 香川県高松市内町7-1 新館5階呉服売場
TEL:087-825-0701 FAX:087-825-0797
◆おもだか
〒530-0042 大阪市北区天満橋1-8-40
帝国ホテルプラザ B1F
TEL/FAX:06-6354-3355

 

History

会社沿革

「丁寧なもの」「飽きのこないもの」「上質なもの」・・・
初代より代々ハンドバッグ一筋にこだわり続けてきました。
それは、ときを重ねて創業者の思いをつなぐことでもあり、お客様と香鳥屋をつなぐことでもありました。


創業者:橋本 信

 


橋本 欣之介


橋本 直之介

 


1926年本社建造

 

 

 

1886年
先々代橋本信、京都祇園で履物・和装小物を扱う「香取屋」を創業。
そののち、屋号を「香鳥屋」変更。袋物の扱いが増える。

 

 

 

1925年
先代橋本欣之介、社長就任。

1926年
社屋建設。当時としては先進的な鉄筋コンクリート造4階建ての建物は市登録歴史的意匠建造物にも指定される。4階の4連アーチ窓と店舗入口上方のステンドグラスは今もなお当時のまま。

1963年
昭和天皇皇后陛下の御還暦品としてビーズバッグを献納。

1990年
橋本直之介、三代目社長に就任。

2009年
橋本昌治、四代目社長に就任。

 

 

今や日本が誇る世界的企業になっている大阪、神戸、京都、滋賀などの各企業の社長たちは創業当時、祇園のお茶屋さんへ行きがてら、この香鳥屋で奥様への草履やハンドバッグをお買い求めいただいたと言います。

初代・橋本信とその妻、橋本せんは丁寧でこだわりのある商品を取揃え、今日の香鳥屋へと導いてくれました。

撮影で京都に訪れる名立たる映画女優たちも、彼らの見立てを参考に、よく香鳥屋でお買い物を楽しんでいただいたようです。

ファッションの変遷をいち早く掴み、和装小物からハンドバッグ専門店へと先見の明を発揮するだけでなく、数々の企業家や女優たちへの気遣い、心配りも忘れませんでした。

そんな甲斐もあって、昭和元年(1926年)、祇園では歌舞練場に次いで2番目に早く鉄筋コンクリート造りのビル建造に至りました。現在もその姿を残し、京都市登録歴史的意匠建造物に指定されるビルです。

その後、カジュアルからフォーマルまでハンドバッグなら香鳥屋でどんなものでも揃う、という専門店へと成長いたしました。

創業者の思いをつなぎ、香鳥屋は今日もお客様のニーズに応じたハンドバッグをご提案してまいります。

 

Commitment

香鳥屋のこだわり

季節にあわせたご提案

シーン ポイント 京都では・・・ KATORIYAコレクション
3月 卒業式・謝恩会,ホワイトデー  式典に向けたフォーマルな装いに合わせたバッグや、ホワイトデーに男性から女性へ革小物はいかがですか? 「東山 花灯路」
(3月中旬)
和装
プレステージ
財布・小物
4月 入学式・入園式
お花見
おめでたい装いへのスタイリングや、新社会人の方へはビジネスバッグ、定期入、名刺入などもどうぞ。 都をどり」
(4/1~4/30)
和装
財布・小物
5月 ゴールデンウイーク
(行楽シーズン)
母の日
行楽シーズンにぴったりな機能的でお洒落なバッグや、母の日にお喜びいただけるものを多数取り揃えております。 「葵祭り」(5/15)
「鴨川をどり」
(5/1~5/24)
カジュアル
プレステージ

 

シーン ポイント 京都では・・・ KATORIYAコレクション
6月 結婚式・父の日 ご結婚式の参列に、和装・洋装ともに好適品多数ございます!父の日のプレゼンも充実。 和装
エレガンス・フォーマル
メンズ
7月 バーゲン・夏休み 香鳥屋でもセールを実施!ご案内をお求めの方はお問い合わせください。ご旅行に最適なボストンバッグやカートなどもご用意しております。 「祇園祭」
(7/1~7/31)
宵山7/14~16
山鉾巡行7/17
プレステージ
カジュアル
トラベル
8月 夏休み・お盆・帰省 日帰りのお出掛けや帰省時など、さまざまな機能性をあわせもった商品を取り揃えております。 五山の送り火
「大文字」(8/16)
カジュアル
トラベル
シーン ポイント 京都では・・・ KATORIYAコレクション
9月 敬老の日・お彼岸 おじいさま、おばあさまに最適なメガネケースやお財布、印鑑ケースなどご用意しております。 プレステージ
財布・小物
トラベル
10月 行楽の秋・お茶会 過ごしやすい気候になりお出掛けにぴったりなバッグや、お茶会時の和装に西陣織バッグはいかがですか? 「温習会」(10/1~6)
「時代祭」(10/22)
「鞍馬の火祭」(10/22)
カジュアル
和装
トラベル
11月 旅行・紅葉狩り 紅葉の季節、ご友人とのお出掛けに
いつもと違う新しいバッグはいかがですか?
「祇園をどり」(11/1~10)
各名所ライトアップ
プレステージ
カジュアル
トラベル

 

シーン ポイント 京都では・・・ KATORIYAコレクション
12月 クリスマス・お歳暮
冬休み
各パーティーへのご参加やプレゼントのご用意など香鳥屋でぜひ!素敵なラッピングもご用意しています。 「顔見世」(年末)
嵐山花灯路
エレガンス・フォーマル
プレステージ
1月 正月・各事始め挨拶
成人式・バーゲン
新年のご挨拶や成人式など、和装スタイルに、新しいバッグで新春をぜひ。バーゲンのご案内はお問合せください。 初釜
「えびすさん」(1/8~12)
和装
プレステージ
2月 バレンタインデー
卒業旅行
女性が大好きなバッグや小物を、バレンタインギフトとしていかがですか?ご予算に応じて、スタッフがご提案いたします。 吉田神社節分祭(2/25)
北野天満宮梅花祭
プレステージ
財布・小物
トラベル

 

素材・縫製

素材を活かすこだわり。

ハンドバッグは、単なる収納袋ではありません。からだのほぼ中心部分で持ち、ファッションのバランスを大きく左右します。
バッグひとつでファッションの格を上げたり、オシャレなセンスを光らせたり反対にバランスを崩してしまうこともあります。

香鳥屋ではお客様のファッション、用途にぴったりなバッグを日々研究し、T・P・Oに合わせた大きさ、色、機能性を考えてご提案しております。

なかでも、さまざまな高級皮革、特選素材によるバッグはそれぞれ特有の上質さ、気品を兼ね備えており、高価なジュエリーに劣らないファッションのポイントになります。

高級皮革は、希少価値が高いだけでなく、革の硬さや貴重なウロコ状の模様を最大限生かした裁断、縫製等が必要となり、西陣織やチェコビーズも同様に熟練の職人による手仕事を必要とします。

 

バッグの口金、付属金具にいたるまで香鳥屋はオリジナルの形にこだわって成形し、まるでジュエリーのようにバッグの装飾細部にも手を抜きません。

香鳥屋が誇る高級皮革、特選素材の数々を、どうぞお楽しみください。

素材別お手入方

素材 お手入れの方法
・ゴード
・キップ
・キッド
から拭きや水拭きが適当です。から拭きは柔い布で軽くほこりを落します。汚れのひどい時は、水1カップに中性洗剤2、3滴を落して、ガーゼに含ませ、かたく絞って拭きとります。かげ干しをした後、から拭きをします。皮革用クリーナーを使う時はあまり強力でないものをご使用ください。また、シンナー系薬品は染料が落ちる場合がありますので、ご使用はさけて下さい。
・スエード 柔い毛、もしくはナイロンブラシで汚れをとり毛足を揃えます。汚れは皮革用消しゴムで落してからブラシをかけてください。しまう時は、かげ干しをしておしまいください。
ご注意 皮革製品は、水や油をきらいます。特に、雨の日に見ずに濡れたり、暑い日に手の汗などで汚れた時のお手入れには、充分配慮してください。また、水染めのものは、色が落ちて衣服についてしまう事がありますので、ご注意ください。万一、衣服についてしまった時には、必ず信用できるクリーニング店でご相談ください。アルコール系の薬品で拭きますと、汚れが広がってしまう事があります。ご使用前には、から拭きをすることをお勧めいたします。

※上記以外の素材はスタッフにお問い合わせください。
くわしくは店頭スタッフ、またはお電話にてお気軽にお問合せください。